テレクラでの会話でもマナーを守るのは必須

当たり前のことではありますが、たとえテレクラで会話をする場合であっても、マナーを守るのは必須事項だと言えます。どういったシチュエーションであっても、ルールを守ってコミュニケーションを取るのが大前提なのです。

暴言は誹謗中傷は絶対NG

当然ながら、相手に対して暴言を吐いたりや誹謗中傷をするのは絶対NGです。あまりに酷いと、運営の方に通報をされてしまい、利用禁止の措置が取れられてしまう可能性もあるのです。もちろん、そこまで酷い場合でなくても、相手を不快にさせるような発言は慎むべきでしょう。

プライバシーに関することは聞かないようにする

お互いのことを知るために、趣味であったり普段の過ごし方などを聞くのは全く問題ないでしょう。しかし、住所であったり本名、あるいは具体的な職種など、プライバシーに関することはくれぐれも聞かないようにしましょう。もちろん実際に出会ってからも、個人情報に関わることは聞くべきではないのです。

いきなり電話を切るのも良くない

もしも、相手が自分の好みでなかったとしても、いきなり電話を切るのはマナーに反します。必ず一言、「ごめん今から出かけないといけないからまた電話するね」などと言うようにしましょう。もちろん、それで相手が強引に引き留めてきたとしても、その時は無理に会話を続けずそのまま電話を切って問題ありません。

楽しく会話ができる環境を心がける

マナーやルールをしっかり守ることは、相手はもちろん自分が楽しく会話をする上でも必要なことなのです。相手が楽しく会話ができれば、必然的にこちらも会話を楽しむことができるでしょうから、テレクラでは常にそういった環境を心がけるべきなのです。

関連する記事