会話は大事ですがプライベートに踏み込むのはNG

テレクラでの会話は、お互いのことを知るためにも重要ですし、仲の良い関係になるためにも必要なことでしょう。ただ、コミュニケーションを取ることは大事ではありますが、相手のプライベートに踏み込むのはNGだと言えます。

最初はあくまでも赤の他人

偶然相手が学生時代の同級生だったなど、そういった奇跡レベルのことが起きない限りは、テレクラで会話をする相手は全くの赤の他人なわけです。したがって、全く知らない人に対して、自分のプライベートを話したくないのは当たり前のことなのです。
したがって、少なくとも相手と実際に出会って、それなりに親しい関係になるまでは、やたらと相手のプライベートを模索してはいけないのです。もちろん、逆に相手から色々と聞かれた時も、無理に話す必要はありません。

大半の人は興味本位で出会う

そもそも、テレクラを利用する人の大半は興味本位ですし、決して本気で出会いを求めているわけではないのです。もちろん、結果的に仲の良い関係になることはあるでしょうが、最初から真剣に出会いを探しているケースはほとんどありません。
したがって、そんな状況でプライベートについて聞いても、教えてくれるわけがありませんし、聞いてしまえば嫌われることは間違いないでしょう。ですから、最初は当たり障りのない世間話をするぐらいがいいのです。

詳しく話すのは信頼関係を築いてから

もしも、相手のことをもっと詳しく知りたいと思っているのであれば、プライベートなことを話せるぐらい信頼関係を築かなければならないのです。もちろん、そこにたどり着くまでにはかなりの時間を要するでしょうし、決して簡単なことではないと覚えておかなければなりません。

関連する記事